※あくまでも私の見解です!

モノが多くて困っている。

モノがあふれているのに片付けられない。

という人は、本当に片付けできないのか?

 

キャンペーン価格第2弾!を企画しました。

最後にご案内あります!

 

モノがあふれている人の特徴

どんなにモノが散乱しているお部屋を

拝見しても

私は、ほぼ動じる事はありません。

 

訪問作業へ伺う前、伺った時など、

お客様は、

「恥ずかしい」と言われる方が多いです。

他人に部屋を見せるのは、勇気がいると思

いますし、自分の見せたくない部分を

さらけ出すようなもの。

 

そしてお片付け、苦手な方もいますが

それは、

やる気、要領、コツ、見極め等が出来れば

案外、苦手を克服できるかもしれません。

 

 

モノを多く持っていることでの

安心感はたしかに誰しも、どこかに

あるのかもしれない。

(ミニマリストの方は除く)

だけど本当に自分で管理・把握できる

数ですか?と問いたい。

 

これ何に使う? いつ使った?

すでに沢山あるのにさらに溜め込む?

それよく考えると

もったいないなと私は思うのです。

 

もったいない理由は…

モノを置くため、抱えこむ程の量のために

家賃を払っているのでしょうか?

 

本来、家は、

人が住み、暮らしを営むためのお家では?

モノが住むためのお家になって

いませんか?

 

「モノが多くなったな~。

部屋が狭くなった…。

そろそろ引っ越しかな?」

なんて、繰り返し引っ越ししていたり、

モノが増えたので引っ越しを考えたり。

 

お金と労力をかけて引っ越しする前に、

モノの量を一旦見直してみると、

不要なモノが出てきて、それを手放すと

案外、今の住まいで充分だったり。

そんなことがあるかもしれません。

 

冷静に、必要なモノだけ見極めてみる。

 

「必要なモノだけに囲まれた暮らし」

 

快適さも手に入れる事ができるかも

しれません。

 

 

よく人からモノをもらう人

こういった方もモノが多い方の特徴です。

必要ないのに人からモノをよくもらう

という人。

また、

お子さんのお下がりをよくもらう人。

本当にそれ必要ですか?

 

くれる人は不要になったから人にあげる

わけなんですが、

不要=いらないモノ…なんです。

 

欲しくて買おうとしていたタイミング

なら、頂いて使いこむのは、とっても良い

ことです。

モノも、使われて役割をはたし、

モノをあげた人も、使ってくれている

のが分かれば、やはり嬉しいものです。

 

でも…理由はあるにせよ、

不要なモノを、ついもらってしまったら

その先どうしますか?

 

もらった結果

・使われる事なく放置される

・存在忘れる

・粗末に扱う

・捨てるに捨てれない…

まだまだ出てきそうですが…

 

一度もらうと、その後も、

ついもらってしまう傾向があります。

 

あげる人も以前もらってくれたから、

あの人にあげようという心理が働くものです

 

よくモノをもらう人の特徴として、

・断るのが気が引ける、気まずい

・上手く断れない、断り方を知らない

・付き合いでもらってしまう

・いつか使うかもと軽い気持ちでもらう

などなど…

まだ他に理由はあると思いますが

 

最後の軽い気持ちでという場合、

大概、しまう場所・収納場所を考えず

もらってしまう場合が多いです。

 

まずは、人からモノをもらう時、

本当に必要か?使うか?を考えてみましょう

 

そしてもらうなら収納場所があるか?

これは、とっても大事です。

形が大きなモノほど重要ですね。

 

そして断ることも時にはとても重要です。

せっかくもらったのに、

使わないという先が見えているなら、

くれる人にも失礼かなと思います。

 

きちんと使ってくれる人、またはそれを

必要としている人は他にもいるのでは?

と考えるからです。

 

モノとしては、使える人のもとに

いき活かされるべき所で、

使ってもらう方が良いのではないで

しょうか?

 

あなたのためにあげるのよと言われると

お断りしずらいですが

でも…

・丁寧にお礼をし、不要な理由を言う

・他に必要としている方がいるのでは?

・間に合ってる理由を言う

・お気持ちを頂く

(NOと言えない日本人…)

 

「お気持ちを頂く」

日本ならではかなと思います。

皆様はどう感じますか?

 

私は個人的に、とても良い言葉だと

感じます。

「あなたの気持ちは十分伝わりました、

その気持ちが嬉しい」

という思いが込められていると解釈

したいものです。

 

もらってしまう、モノを増やしていると

心あたりがある方は、

今一度、モノを頂く前に、少しでも

上記の事など考え、

モノの行く末を想像してみて下さい。

結果が見えてくるのではないかと思います

 

生活する=毎日がLIVE(ライブ)

私はミニマリストではありません。

雑誌に出てくる「静止画」のような

生活はしておりません。

 

ちなみに、整理収納に出会ってから、

お下がりをもらう事はとても少なくなり、

有形なモノも頂く機会が減りました。

 

なぜなら

意識しているからです!

 

さらに、小さなお子さんがいると

おもちゃ、絵本なども増え、

お片付けも小さなお子さんだけでは

できないと思います。

出しっぱなしも日常になります。

さらに、子どもはいつ病気になるか

分かりません。

なってしまったら、部屋の片付けどころ

ではなくなりますよね。

 

我が家でも、

モノは時により、出しぱなしの時も

あります。

先の予定が分かっており、

その時使うモノがある場合、その時まで

出しっぱなしにしていることもあります。

当然、そんなに広い部屋ではないので

邪魔になります。

でも用が済めば、しまえば良いことです。

 

モノがどこで管理し、収納しているかを

決め、出したら戻す事が出来たら、

それで十分ではないかと思います。

 

それ以上、キレイなお部屋を目指すなら、

雑誌や本など参考にしたらよいのでは

ないかと思います。

 

今はどれを手に取り、読んだら良いか

迷うほど収納本が沢山出ていますね。

 

でも、お部屋間取り、モノの量、

生活スタイル、利き手、家族構成など

雑誌や本の通りではありませんよね?

 

生活スタイルは十人十色。

 

収納本は勉強にはなります、でも

そのままの暮らしは出来ません。

 

あくまでも収納のお勉強と

位置づけ、実際それをマネてみる。

マネてだめなら、自分のやり方へ戻して

みる、新しいやり方を試すなど、

切磋琢磨が必要な場合もあります。

 

 

最後に

モノが多くってと言う人は、片付けが苦手なの?

 

というと、意外とモノの量を見極めたら

そうでもないかもしれませんね。

 

見極め方が分からない、

見極める勇気が足りないなど

不安な方、背中を押して欲しい方は、

ご連絡下さい。

一緒にやってみる事で今後に活かせます。

 

さらに年末に向け、お部屋をスッキリ

出来ます。

 

【キャンペーン第二弾企画しました!】

2~4時間 8000円(定額価格です!)

詳細は、メニューの

キャンペーン/告知情報を、

お読みくださいね。

お得な年末に向けての企画です。

 

今回はこの辺で。

では、また。